言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

2000PVを超えました:お礼

f:id:st_hitorigoto:20190407230012j:plain

 

 

お礼のことば

みなさんこんばんは!

 

ブログ始めてから約1ヶ月が経ちますが、少しずつアクセス数が伸びてきており、なんと2000PV(現在2180PV)を超えることができました。はてなブログの読者も109名と沢山のかたに登録していただいています。ありがとうございます!

 

もちろん記事を更新した日にみてもらえることはとても嬉しかったのですが、それ以上に、記事を数日更新していなくても見てくれている方がいたことは、良い意味でなんとも言えない気持ちになりました笑

 

まだまだ未熟な日本語でみにくかったりするかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

アクセスの多かった記事の紹介

せっかくなので、人気のあった記事を3つ振り返ってみたいと思います。

1.失語症の参考書について①

www.st-hitorigoto.com

 

おそらく新人さんや学生さんも含め、若手の方がみてくださっているということなのか、参考書籍に関する記事が最近は1番人気のようです。小嶋先生をはじめとするSTの有名な先生の書籍をあたることは、失語症を勉強する第一歩となりますので、ぜひ読んでみてください! 

 

2.【番外編】発語失行と音韻性錯語の鑑別について

www.st-hitorigoto.com

この記事は見てくれる人が多かったです!ヒルムーさんからのご指名をいただいて、気合いを入れて書きました!笑

ヒルムーさん効果が大きいと思いますが、本当に鑑別で悩んでいる人も多いのかな?と感じさせられました。中核症状を把握し、適切な訓練を提供する上でも鑑別は重要なので、おさえておきたいですね。

 

 3.短期記憶と長期記憶について【多職種向け】

www.st-hitorigoto.com

多職種が現場でよく使う用語で、かつ多くの人が勘違いをしている用語でもあります。つい最近、身近にいる仲のよい看護師さんが、昨日言った内容を忘れていた患者さんについて「短期記憶が悪い人がいてさー」といってきました!

 

ちょっとまてい!と突っ込みたくなりましたが、やんわり教えました。あまり強く言うと嫌われるので注意しましょう。笑

 

短期記憶はあくまで「数十秒間」までの記憶で、それ以上は長期記憶になります! 

 

今後について【リクエスト募集中!】

読んでいただきありがとうございました!

 

今後も、細々と続けていきたいと思っているので皆さんよろしくお願いいたします。本ブログは「新人さんや学生さんが理解しやすいように」をモットーとしています。若手のSTが失語症高次脳機能障害の方に少しでも良い支援を…!ということに繋がることが今の私のやりがいです。もちろん、私自身がまだまだ未熟なので勉強しながらですけどね。

 

失語症高次脳機能障害に関する素朴な疑問などについて(その他でも需要があれば…笑)、ブログで話してほしい内容などがございましたら、遠慮なく私のTwitterや質問箱、お問い合わせフォームにてリクエストいただけますと幸いです。研究レベルの詳細なレビューはできませんが、臨床で必要な基本的なレベルについては、なるべく答えていきたいと思っています。

 

それでは、今後ともよろしくお願いいたします!!