言語聴覚士のひとりごとBlog

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

新人さんとのコミュニケーションについて【経験談】

f:id:st_hitorigoto:20190414173412j:plain


 

はじめに

国家試験に合格し、4月から新しい職場でSTとして働いている方も多いのではないでしょうか?楽しく仕事できている方もいれば、考えていたイメージとの違いにギャップを感じている方もいるかと思います。

 

今日はいままでとはちょっと違って、私自身の新人時代を振り返ってみたり、私の職場にいる新人さんとの関わりについて、中堅層である私の立場から考えてみたいと思います!

 

私の新人時代

まずは、私はどんな新人だったのか思い出したいと思います。笑

 

新人時代は、当然ながらわからないことだらけ…わけのわからない状況のまま、先輩から引き継いだリハ内容を実施していました。先輩が実施していたリハビリ内容を真似しながらも、知識も技術もないなりに「どうしてこの訓練を実施しているのだろう?」「本当にこれで良いのか?」について常に考えていました。なので、先輩や上司をつかまえては質問を繰り返ししていました。そして、それでも納得いかないことは調べるようにしていました。今思えば、いろんな先輩に質問したりしていたので、煙たがっていた人もいたかもしれませんね。笑

 

当時いた私の上司はとても寛容な方で、私の知的好奇心に対してもきっちり答えてくれる方でした。ある失語症の方の症状についてどのように訓練したら良いかと質問したところ、「それはまだ明らかになっていないから、解明したら良い」と答えが来ました。その上で、先行研究の文献を渡してくれて、勉強を開始しました。そうなってからは、どんな患者さんに対しても「なぜ〇〇ができないのか?」「どうしたらできるように(代償手段の獲得)なるのか?」を考えるようになり、その繰り返しが結果的に勉強になっています。分野は関係ありません、担当した患者さんに全力で向き合っています。

 

新人さんと関わって感じたこと−コミュニケーションの重要性−

そんな私も、もう中堅層といわれるくらいの年代になりました。ということは、新人さんが入ってくるわけです。後輩たちが入ってきてくれて指導させてもらう場面もあるわけですが、いくつか思ったことがあります。

 

私の世代は、私や同期のPTOTも含め結構積極的に話すタイプでしたので、学生さんや新人さんからは、おとなしさを感じていました。

 

ただ、実際に指導担当として私が感じたことは全く違いました。個々人と話せば、ちゃんと疑問を持っていますし質問もたくさん出てきます。むしろ頭の良い学生さんは、知識については私の1年目の時より全然上の人も多いです。そんな疑問があったとしても、自信がないのもあるのか性格的なことがあるのかは人それぞれだと思いますが、みんなの前で言うのが大変なだけだったのです。これは新人さんだけでなく、学生さんも同様です。

 

それを知ってからは、私から積極的に声をかけるようにしています。

 

「〇〇さん、今日はどうだった?」

 

「困ったことあったらいつでも言ってね」

 

指摘や指導をしないといけない時も、怒ったからといって何かが解決するわけではありません。何がどうしてダメなのか、次にどうしたら良いのかに「自分で」気づかなければいけません。これは個々人によって対応を変えないといけないと思っていますが、指摘することによって「ああ、私はダメなんだ」と思わせることに意味はありません。

 

先輩・上司からの指摘や指導の後には、「次はこうしたら良いんだ^^」と前向きになることがベストだと感じています。そして新人さんから声かけをするハードルを下げるというのも大事だと思います。この人に相談したら良い!と思ってもらえるようになれるとよいですね^_^

 

勘違いしてほしくないのですが、新人さん自身の問題もないとはいえませんので、うまくいかなかったとしても全て指導者の責任とは全く思っていません。どーしようもないケースはTwitterをみていても多々あると思います。笑

 

ただ、指導者をかえた途端に積極的になった後輩も見ていますので、少なくとも先輩・上司自身が、対応や声かけについて考えそして最大限に気をつけること、その後に振り返ることが大事だと思います。熱意ある指導も、常に「受け手がどのように感じたか」を考える必要があります。そこを意識することで、ハラスメント対策にもなるのだろうと個人的には考えています。

 

時間は必要以上にかかるかもしれませんね。なので、組織の対応としては業務内で指導時間を確保できる仕組みが必要だと思います。ただ、若手スタッフを大事にできる組織がこれから生き残っていけると思いますし、結果的に成長を促し、そして長く勤務してもらえる良い集団になっていけるのかなと思います。

 

私自身もまだまだですが、これから自分だけでなく組織や業界全体の底上げをしていけるよう、頑張っていきたいと思いました。上司と新人の年齢が離れていると、難しい面も沢山あると思います。そんな時に、中堅層に活躍の場があると思います。新人さんとベテランさんの橋渡しとしての役割が求められると思いますので、よりよい集団になるよう努力していきたいところです。

 

 ・私はこうやって新人さんと接している!

 ・新人だけど、こういう指導をしてほしかった!

 ・指導した・された場面で嬉しかったエピソード

 

等々ありましたら、ぜひ教えていただけますと嬉しいです。  長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。