言語聴覚士のひとりごとBlog

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

リハビリテーション職の転職について

f:id:st_hitorigoto:20190220231113j:plain

 

 

 

はじめに

私は就職してから1度も転職したことがなかったのですが、職場の人が転職する際に、人によって報告したりしなかったりで全然違うな〜と思っていました。

 

私がすぐに転職したい!と思ったわけではなかったのですが…笑

 

私も知りたかったですが、皆さんが転職された時に、どのような手続きをとったか興味のある方も多いのではないかな?と思い、アンケートをとらせてもらいました。

 

その結果について、ご報告させていただきたいと思います。

 

アンケート結果

 

84名の方に回答いただきました^^ありがとうございます!意見が非常に割れて面白い結果でしたね!

 

これは結果がすべてかと思いますが、少しだけコメントしたいと思います。

 

①見学の有無について

これは、圧倒的に見学をする場合が多いですね。有休を使って見学しにいく場合が多いようです。

 

あとは、私は選択肢にはいれていなかったのですが、1度退職して少しゆっくりしてから職場を探す方もいると、コメントをいただきました。

 

一度働くとなかなか休みも取れないかと思いますので、そういう意味でもこの選択肢はありかなと思いました^^旅行とかいっちゃうのもよいですよね!

 

また働きながら次の職場を探すなんて無理!

 

という意見もありました。確かにそうだな…とおもいます。難しい問題ですね。失業保険などの制度もありますので、選択肢の1つとして検討してもよいですね!

 

②職場への報告について

これは、意見が割れましたね〜。笑 

 

理由としては色々とあると思いますが、やはりトラブルを防ぐために職場に報告してから転職活動をおこなう方も多いようですね。

 

報告する人としない人の違いについてですが、コメントが消去されてしまったので、アカウント名をご紹介できなかったのですが、職場の上司との関係性によると記載がありました。

 

私もまったく同じことを思っていました。

 

これだけが理由とも思わないですが、大きな理由の1つだと思われます。

 

以上、ご報告でした!

 

皆さんも転職活動をされる際には、どのような対応で進めるべきか考える時に、参考にしていただけたらと思います!