言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

失語症の方への声かけについて【質問箱の回答】

はじめに

みなさんこんばんは!

最近はバタバタしており更新できていませんでした😅

さて、以下のようにご質問をいただきましたので、ブログにてお答えさせていただきます。

f:id:st_hitorigoto:20191103155555p:plain

失語症の方との初回評価の際(後)にどのように声をかけたら良いか」

という質問かと思います。

私の回答

私は急性期病棟で働いているわけではありませんので、発症直後の患者さんにお会いする機会は少ないですので、私の想像よりもハードルはあるかと思います。

ご質問にあったように、一緒に頑張りましょうは、安易には言えないかなーと思います。

「(今日はお話を聞かせていただきながら、少し課題をおこなわせていただきました。)これから〇〇さんの言葉の面(ここを、なんの問題があるのかによって変えるかなと)を中心に関わらせていただきますので、よろしくお願いいたします。」

と、あまり強すぎないように言うかなと思いました。

初回の想定ですので、評価し終わっていないのに、言い過ぎてしまうと逆に混乱させてしまうかな、と思いました。

臨床での声かけは、なかなか学生のうちに見学したり実践する機会がないので、難しいですよね!
私は実習で学んだので、それまでに出来ること…って難しいですね💦

本当は養成校で、当事者さんと話せたり出来る機会があれば良いんですけどね😅ご質問者さんは2年課程なので、なかなか時間の制約もあるかとは思いますが…

あとは過去に初回のスクリーニングやフリートーク(会話訓練)については考えたこともあるので、もしよかったら参考にしてみてください😃
www.st-hitorigoto.com
www.st-hitorigoto.com


ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました〜!