言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

症例報告&ブログ記事のススメ

f:id:st_hitorigoto:20190427224345j:plain

皆さんこんばんは。
言語聴覚士のひとりごとです。

今年もあと2ヶ月になりましたね。

風邪はひいていませんか?

最近は忙しくて、Twitterもなかなか更新できていませんので、近況報告を兼ねた症例報告とブログ記事のおすすめについて、紹介させていただきたいと思います。

近況報告

最近、職場の業務がおおくておおくて…効率よくやりたいものですが、なかなか上手くいかずちょっとストレスな日々…笑

でも、今週末にはビッグイベントが!!

今年はTwitterをはじめて、ST学会では色んな方にお会いできてとても楽しい時を過ごせました。でも、本当に仲良くしていただいている皆さんに会うには…名古屋だと(笑)

というわけで名古屋に行くことにしました^^


今年はこういう決意でいるわけです(笑)

どんなことになるのか、今からとても楽しみです!

症例報告のススメ

9月に始まった認定言語聴覚士講習会あたりから、研修会に参加したりする機会が続いています。スローペースですが、準備を進めていた論文執筆(症例報告)も、少しずつではありますが進んできました。

5年目頃までは、学会で発表することを目標にしていきましたが、やはり業績として見て認められるのは論文です。

その準備は、学会発表とは比べ物にならない位の緻密さが必要です。

それはそれは大変な作業ですが、やってみることで今まで知ることのできなかった知識を得たり、新たな発見がありました。

簡単にできることではないので安易にオススメしませんが、やはり対象者の方に支援をしていく上では、最新の知見を取り入れる(論文を正しく読める)ことと訓練の効果判定が出来ることが重要で、そのためにも研究の考え方を知っておくことは大事かなと思います。

何より臨床での視野が広がる感覚になって、楽しい!と感じることが増えた気がします😊

個人的には、まずは自身の臨床を振り返り,それを症例報告をされるのが良いかなと思っています。

この話については以下の記事をご参照ください。
www.st-hitorigoto.com

www.st-hitorigoto.com

最近はPTやOTの著明な大学の先生方がSNSで発信されるようになり、STも第一線で活躍している先生がこのようになってくれると盛り上がるのにな〜って思いながら、私自身はコツコツ実績を詰めるように、論文を書いているところです。笑

おすすめ記事

さて、ここからは私のブログでおすすめの記事を紹介したいと思います!

www.st-hitorigoto.com
これ、最近うちの新人が誤っていたのをみつけたので、改めて教えました😃以外と理解していない学生さんや新人さんが多いので、チェックしてみてください!

www.st-hitorigoto.com
www.st-hitorigoto.com
この2つの記事は、私がブログをはじめたころに執筆した記事ですね。失語症を考える上では、日本語での文字言語特性を抑えておくことは重要だと思います!評価や訓練にも活かせることが多いです😊

www.st-hitorigoto.com
この記事は懐かしい!!個人的には嫌いじゃないです(笑)まず最初に失語症の患者さんを担当した時に、悩むことがあるかもしれませんね。一見簡単そうに見えますが、発語失行と音韻性錯語どっちかの要素しかない患者さんって、案外少ないんですよね。だいたいはどっちもの要素(しかも構音障害もあるなんてことも)が絡んでいることがほとんどなので、可能な限り鑑別していきたいところですね。

さて、今週も忙しいですが、隙間時間でTwitter更新しますので、皆さんよろしくです^^
あー名古屋行きが楽しみ!!笑