言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

先輩から知っていることを説明されたらどう対応するか?

f:id:st_hitorigoto:20191209140313j:plain

 

ご質問ありがとうございます。

 

これは、悩ましい質問ですね(笑)みなさん1度は経験したことあるのではないでしょうか?笑

 

思いつくことは、いくつかあると思います。

 

1.知らないふりをして教えてもらう

2.一部知っていることを伝え、知らないところを教えてもらう

3.しっていると伝え、話を変える(または終える)

 

多分、教えてくれる方との関係性によって対応は違うんだと思います。

 

ご指摘のとおり、気難しい先輩からの指摘であれば3番目の答えにはならないでしょうしね。よっぽど嫌いな先輩ならする人もいるかもしれないですが。笑

 

私なら、2番をベースにたまに1番を使います。

 

「◯◯については聞いたことがある(または知っている)のですが、××が理解できていないので教えていただけないでしょうか?」

 

既に説明が始まってしまっていた場合は、

「いま、◯◯とおっしゃっていましたが、私は〜〜〜と考えていたのですが、◯◯さんはどのようにされていますが?」

 

話の流れにもよりますが、こんな感じでしょうか?

 

気難しいタイプの先輩には、むしろ「貴方の話に興味がある」ことを示すと知識は豊富(だと思われる)ので、こちらも聞いていてメリットがあるかと思います。

 

知っている話をダラダラとされるよりは有意義ですよね笑

 

説明は、される側の「聞き方(聴き方)」によっても変わってくるかなーって思うので、今回のようなケースでの対応は、大事な視点だと思いますよ!

 

もちろん、新人のときは知らないふりをすることもありましたけどね(笑)

 

でも、先輩が説明しているということは、そこがわかっていないと感じた理由があるのかも知れないというのも覚えておいてくださいね。

 

本来は、その原因によって対応が違うんだと思うので、もう一度、冷静になって原因と対策を考えてみましょうね!

 

私はこんな対応をしていた!などをTwitterでリプいただけましたら、随時ブログでも紹介させていただきますので、どしどしお待ちしております!

 

ちなみに、ちょっと話は変わるかもしれませんが、質問については何回かブログを書いていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

www.st-hitorigoto.com

 

www.st-hitorigoto.co