言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

ST向いていないんじゃ…とおもったら?

f:id:st_hitorigoto:20191209142258j:plain

 

はじめに

以前、質問箱で答えたのですが改めてブログにあげました。実習生だけでなく、実際にSTとして働いている新人さんも感じたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

この点について、私なりに考えてみました。

 

私の回答

1度きりの人生なので

 

「続けるもよし、辞めるも良し」

 

これだけじゃ、質問者さんへの答えになっていないので笑

 

どっちの立場からも考えてみましょうか。

 

STを続ける側の立場

実習は1回目ですか?その実習先がSTのすべてではありません。

 

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、1つの実習でSTが向いているかがわかるとは正直思えません。


またSTが関わる分野も多様ですので、色んな働き方もありますよ!実際に、転職してから輝かしい活躍をされているSTもたくさんいます。

 

STを辞める側の立場

たしかに3年間という期間は短くないかもしれません。でも、この先の人生を考えたら、これからの方が圧倒的に長いのでまだまだ修正は可能ですよ。


嫌だと思うまま続けるよりも、新しいことを見つけてそこに向かうほうが有意義だと思いませんか?笑

 

もし資格を既に取得した方であれば、1度STを離れても違う職場でSTをしたいと思ったら働くことは出来ますが、学生さんであればそうはいきません。

 

ただ現実的に、少しでも未練があるのなら、選択肢は多い方が良いと思いますよ。

 

実習が他の場所でもあるならそちらで頑張ってみてから考えても良いですし、もしくは資格だけはとってしまうのも手かもしれません。

 

もちろん、未練なく次に進めるのなら、早い方がよいでしょうけどね。

 

おわりに

大事なのは沢山悩んで考えることです!そのためには、一歩引いて考えてみるのも大事ですよね。というお話でした。

 

自分の人生ですから、STになるならないも含めて見つめ直してみる良い機会になると思います。

 

これは完全な持論ですが、「自分が元気で幸せであるから、他人(対象者さん)の人生に寄り添うことが出来る」と思っています。やりたくないなー、と思っているSTのリハビリ、対象者さんは受けたくないですよね…

 

前向きな決断をされることを願っています。