言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

初めての実習で心がけることとは?

f:id:st_hitorigoto:20200119095213j:plain

 

初めての実習、緊張しますよね。

 

終わってみたら「行って良かった!!」となれたら良いですね!

 

さて、質問に答えますね。

 

なお2点目の小児の観察ポイントは、私は小児の臨床をほぼしていないので、私が回答するのは控えたいと思います。ご了承ください。

 

質問の回答

実習で1番大切なこと、1つにまとめるのは難しいですね😅

 

私個人としては「現場の雰囲気を感じ、1つでも多くの事を学ぶこと」ですかね。これが出来れば実習は十分かと思っています。

 

具体的にお話ししますね。

 

養成校では基本的には座学ですので、対象者さんと実際に話したり訓練を見学・体験することによって、「活きた知識」を身につける事です。それをおこなう事で、実際に講義で学んだことが現場でどのように活きてくるのかがイメージできます。

 

私は、国家試験のときも実習中に経験した事を大いに活かすことができました。なので、その周辺の知識は就職してからも活かせていますし、一石二鳥ですね😃

 

あとは、課題解決を通して、現場で学ぶ事を体験する事ですね。ここが定着してくると、1つ1つの点であった知識が繋がって線となり、さらに成長する事が出来ます。

 

そのためには、「質問」を上手に出来れば良いですよね。バイザーの先生がどんな先生かにもよりますが、出来れば良好な関係を築けると良いですね。

 

学生さん側が出来る事もありますので、以下の記事も参考にしてみてください。 

www.st-hitorigoto.com

 

 

www.st-hitorigoto.com

 

www.st-hitorigoto.com

 

オススメのブログ

実習関連の手続きや接遇など、詳しくは説明してくれないですよね?

 

そんな方は以下のブログがおすすめです。私も度々Twitterで仲良くさせていただいているすこみみさん(@theratama01)のブログです。

therablo01.com

 

このように、学生さんのお悩みに関して、解決のヒントがあるとおもいますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

少しでも、参考になる事があれば幸いです。