言語聴覚士のひとりごと-STブログ-

「学生さんや新人さんが理解しやすいように」を目標に、失語症・高次脳機能障害やST業務、書籍や文献の紹介など書いていきます。

認定言語聴覚士講習会&STオフ会

 

 

認定言語聴覚士講習会

先週末、東京にて認定言語聴覚士講習会が開催されていました。摂食嚥下領域は12月に終わっており、既に試験結果も出ているようですね。失語・高次脳機能障害領域と発声発語障害領域は少し遅いようです。

 

ちなみに、前回&前々回はコチラ 

www.st-hitorigoto.com 

www.st-hitorigoto.com

 

では、今回もツイートを載せながら感想を書いていきたいと思います。

既に失語症については第1回・2回とで網羅されていたので、今回は記憶障害・認知症前頭葉機能障害についてでした。

 

90分×5コマと座学が続くと、やはりちょっと辛かったですね。私は座学を聞くより演習派ですね(笑)

 

 

そうなんです。試験なんですよ!笑

 

午前中は講義を拝聴しました。午後からは、3-4人で1グループとなり(1グループにつき1名の講師がつきます)、事前課題で用意したサマリーをもとにディスカッションをおこないました。

 

とっても有名な先生に直接アドバイスをいただくことが出来ました。こうやって、大御所の先生に自身の症例について意見をもらえる機会など、そうそうないので非常に充実していました。

 

 

その後、試験を受けました。基本的には講義資料が全て試験範囲になります。5択ですが、国試よりはちゃんとわかっていないと解けない問題が多い印象でした。

 

勉強は一応していましたが、中々細かいところが出題されたりするなど、一筋縄ではいかない感じですね。自分の力に合わせた準備は必要かと思います。

 

あとは、合格を待つのみですね。これだけ失語・高次脳が専門のキャラなので、落ちたら相当はずかしいなと…笑

 

今回の認定言語聴覚士講習を受講して、本当に色んな経験が出来ました。

✅講師陣の後輩STに対する熱いメッセージを受け取れた→これは、質疑や直接質問にいったときなども含めて感じたことです。まさに「オフライン」だから伝わったと思います。

 

✅受講者の背景や受講理由、レベルはバラバラ→そりゃそうなんですが、改めて感じました。

 

✅「認定」と言って恥ずかしくない実力と今後も研鑽を続ける必要性→これは、自身はもちろんですが後輩への指導、住んでいる地域のレベルアップも含めて、率先して取り組んでいく人材になるというのが大事だと思います。

 

参加する前は、取って意味あるのかな?とかも考えていましたが、今は考えが変わりました。

 

「資格をどうやって活かすのか」

 

どう使うも活かすも、これからの自分次第なのかなと思いました。

 

まだ合格するかはわかりませんが、祈っていようと思います。笑

こんだけブログ書いていたりして落ちたら恥ずかしいので、その時はショックでやめるかもしれません。。。笑

 

STオフ会in東京

 

6名ではなく5名ですね。間違えてツイートましたw

 

見ず知らずの私に連絡をくださった方達と、ものすごく楽しい時間を過ごせました。色んな背景のSTの方達と話すことで、自分自身の視野も広がりますし、これからワクワクする取り組みなんかについてもお話しできました。

 

時間がたりなくて…もっともっと話したい思いでいっぱいでした。笑

 

 

1度やってみたかった写真ですw

これからも、おつきあいのあるメンバーさん達だと思います。今後もお願いいたします!!

 

最後に感想

今日は講習会とオフ会の内容でしたー😃

 

長かった認定ST講習会でしたので、ようやく終わったと言う気持ちがあれば、ちょっと寂しい感じもしますね(笑)

ST学会では、認定言語聴覚士の集いというのがあるので、その際にお会いできる機会を楽しみにしたいと思います。

 

オフ会は、正直お誘いツイートをしようか悩んだのですが、結果的には開催できて大正解だったなと😊こうやって出来た輪を、これからも大事にしていきたいと思います。

 

認定STに興味があり、かつ何か聞きたいことがありましたらご連絡くださいね。

 

ではまた!!